Language

第二回新宿国際映画祭

第二回新宿国際映画祭は無事、全日程を終了いたしました。ありがとうございました。
第二回新宿国際映画祭アジアチャンピオンは、松本卓也監督率いる映像ゲリラ集団『シネマ健康会』に決定しました!

SECOND EDITION OF SHINJUKU INTERNATIONAL FILM FESTIVAL ASIAN CHAMPIONSHIP


GRAND PRIX : シネマ健康会





第二回新宿国際映画祭!!

夏をさらに熱くさせる--映像集団12組のバトルトーナメント『新宿国際映画祭』!BABEL連覇なるか?海外から刺客が3組登場!

2016年2月、新宿を沸かせた映画祭が早くも帰ってくる!
8月5日(金)、6日(土)、7日(日)の3日間、60時間に渡って開催される、朝までお酒が飲める全17プログラムの映画上映イベント。 映画を中心にさまざまなフィールドで活躍する名だたる映像団体が競い、3日間に渡るトーナメント戦で優勝賞金100万円の行方を決します。

参加団体は、
ベトナム代表「THE CAT」、 ブルネイ代表「The Nostrils Production」、 ミャンマー代表「Yangon Film School」、 「アンドピクチャーズ」、 「シネマ健康会」、 「Studio NYANCO」、 「BABEL LABEL」、 「ポーラーサークル」、 「なめくじ劇場」、 「三代川達」、 「ロードトゥシャングリ・ラ」、 「ワッヘンフィルムスタジオ」、
……など、アジア最強の座『新宿国際映画祭アジアチャンピオン』を競う全12団体が集結、イベントを盛り上げます。 そのほか特別招待作品の上映、スペシャルゲストを招いてのトークイベントなど、おたのしみ企画も盛りだくさん!

イベント概要

【日時】2016年8月5日(金)、6日(土)、7日(日)
【時間】8月5日(金)12:00~7日(日) 24:00
【会場】Gyoen ROSSO 198 / 地図
【住所】東京都新宿区新宿1-19-8 サンモール第7ビルB1F
【料金】1プログラム¥1000、1DAYパス¥1500、3DAYパス¥3000
【ドリンク&フード】飲食物の持ち込み可。飲酒喫煙可。
(但し、においの強いものなど他のお客様のご迷惑になるようなものはご遠慮ください。またゴミ等に関しては各自責任をもって処分いただけますようご協力をお願いします)

タイムスケジュール

1日目:8月5日(金)
 予選Aブロック3作品の上映、予選Bブロック3作品の上映、開会式、特別招待作品の上映、スペシャルゲストを招いてのトークイベントなど
2日目:8月6日(土)
 予選Cブロック3作品の上映、予選Dブロック3作品の上映、特別招待作品の上映、スペシャルゲストを招いてのトークイベントなど
3日目:8月7日(日)
 決勝へ進んだ4団体の4作品を上映、表彰閉会式、特別招待作品の上映、スペシャルゲストを招いてのトークイベントなど

  詳しくはこちら

注意事項

今回は成人限定イベントです。ご入場の際には運転免許証、パスポートなど、受付で年齢が確認できる身分証のご提示をお願いいたします。
(例)運転免許証/学生証/パスポート/タスポ/写真付き住民基本台帳カード/外国人登録証等(コピー不可)

※同伴者につきましても、同様に20歳未満の方はご入場できません。 また、お子様をお預かりすることもできません。



  よくあるご質問

  Q&A


参加団体

アンドピクチャーズ

『サブイボマスク』『ホテルコパン』など話題作のほか、大小問わず数多くの映画を手掛けている。

THE CAT

ベトナム最大の若手映像監督集団を率いるハノイ在住NGUYEN LE HOANG VIETのチーム。ベトナム代表。

The Nostrils Production(チーム・ノストリルズ・プロダクション)

自主制作による短編映画、コメディームービー、地元アーティストのミュージックビデオ等を多数公開し、VlogなどSNSを活用して映像を発信するAznniel Yunus所属の映像制作チーム。ブルネイ代表。

シネマ健康会

コンスタントに作品を制作し国内外の映画祭で話題を集め続ける鬼才・松本卓也率いる映像ゲリラ集団。

Studio NYANCO

西淀川のロジャー・コーマンこと佃光のソロプロジェクト。ファンタスティック映画を作ります。大阪代表。

BABEL LABEL

現新宿国際映画祭世界王者、伊坂幸太郎原作『オー!ファーザー』の藤井道人監督をはじめ、気鋭のメンバーを擁する。

ポーラーサークル

かげやましゅうの号令の下、個性豊かな監督たちが集まって数々のオムニバス映画を制作、国内外の映画祭などで上映する他、数々の映画大会を主催する。

なめくじ劇場

イッキ、亀岡孝洋、アフロ後藤を中心にコント動画やショートムービー制作、コントライブなど精力的に活動する。

三代川達

映画祭への出品や定期的に上映会を開催するなど精力的に活動する映像制作集団 三代川達(みよかわたち)。

Yangon Film School(ヤンゴン・フィルム・スクール)

リンジー・メリソンが2005年ベルリンに設立、ヤンゴン市内をその活動拠点として新人育成に力を入れる。ミャンマー代表。

ロードトゥシャングリ・ラ

テレビや映画などその活動は多岐に渡るエンタテインメントのプロデュース集団。

ワッヘンフィルムスタジオ

一回観たら忘れられない荒唐無稽な世界観を放ち続ける作家・飯塚貴士のフィルムスタジオ。

予告動画

タイムスケジュール

1日目:8月5日(金)

12:00【オープニング&海外ドキュメンタリー特集上映】
15:30【かげやましゅうの反戦映画大会】
18:00【予選Aブロック3作品上映】出場団体:「シネマ健康会」「ポーラーサークル」「Yangon Film School(ミャンマー)」
21:00【予選Bブロック3作品上映】出場団体:「アンドピクチャーズ」「THE CAT(ベトナム)」「なめくじ劇場」
24:00【深夜の歌舞伎町映画特集上映】

2日目:8月6日(土)

7:00【海外ドキュメンタリー特集上映】
10:00【福山功起セレクション上映】
13:00【帯谷有理と佐々木誠の後から前から自撮り映画特集】
15:30【タイム涼介の映像研究ワークショップ】
18:00【予選Cブロック3作品上映】出場団体:「三代川達」「ロードトゥシャングリ・ラ」「ワッヘンフィルムスタジオ」
21:00【予選Dブロック3作品上映】出場団体:「The Nostrils Production(ブルネイ)」「Studio Nyanco」「BABEL LABEL」
24:00【現タイトルホルダー「BABEL LABEL」特集上映】

3日目:8月7日(日)

7:00【海外ドキュメンタリー特集上映】
10:00【新宿二社祭! 渋谷映画神社&映像温泉芸社エキシビジョン上映】
13:00【ベビーブーム・マサと松本卓也の映画祭予備校】
15:30【無声映画と活動写真弁士~坂本頼光の場合~】
18:00【決勝4作品上映&クロージング】決勝進出4団体
  【特別ゲスト審査員 名簿

会場

Gyoen ROSSO 198
「新宿御苑前駅」2番出口より徒歩3分
【住所】東京都新宿区新宿1-19-8 サンモール第7ビルB1F【電話】03-5925-8333【駐車場】なし

【特別ゲスト審査員】


8月5日(金)18:00~予選Aブロック、21:00~Bブロック
六車俊治(映画監督)
 代表作『恋人はスナイパー THE MOVIE』、『戦国★男士』、他
やぶさきえみ(声優・映画監督)
 代表作『SF駄菓子話』、『妖怪毛だくさん』、他
坂井田俊(映画監督)
 代表作『僕は人を殺しました』、他

8月6日(土)18:00~予選Cブロック、21:00~Dブロック
佐々木誠(映画監督)
 代表作『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』、『Fragment フラグメント』、他
古泉智浩(漫画家)
 代表作『青春☆金属バット』、『ところでここどこ?』、他
福山功起(映画監督)
 代表作『鉄の子』、『夜だから』、他

8月7日(日)18:00~決勝戦
佐藤佐吉(映画監督)
 代表作『東京ゾンビ』、『昆虫探偵 ヨシダヨシミ』、他
古泉智浩(漫画家)
 代表作『死んだ目をした少年』、『チェリーボーイズ』、他
酒徳ごうわく(映像作家)
 代表作『頭脳戦隊クビレンジャー』、『女エアー・コップ』、他
【深夜の歌舞伎町映画特集上映】
8月5日(金)24:00~(8月6日(土)0:00~)

主演のデモ田中とともに人気テレビ番組にも取り上げられ、今話題沸騰の『ダンプねぇちゃんとホルモン大王』(監督:藤原章・主演:宮川ひろみ、デモ田中)のほか、『スケ番ハンターズ ?総括殴り込み作戦』(監督:中平一史・主演:亜紗美)などなど、キレッキレのラインナップで贈る興奮の深夜プログラム!

デモ田中
【福山功起セレクション】
8月6日(土)10:00~

 新宿を拠点に活動する福山功起監督が旧知のさそり監督とともに新宿国際映画祭に登場! 豪華俳優陣を配した全編POV映画『わらわれもしない』のほか、鳥肌実主演のカルト映画『魂のアソコ』を上映予定。
『わらわれもしない』福山功起監督(2011/30分)上映
(出演/美元・渋谷樹生・夏目ナナ・ちばぎん 他)
予告編
『魂のアソコ』さそり監督(2002/79分)上映
(出演/鳥肌実、立島夕子、綾小路翔、なにわ天閣 他)
予告編
【月刊ビデオサロン協力企画・
トリタイ映像研究所所長タイム涼介研究報告会】

8月6日(土)15:30~

 映画も作る漫画家・タイム涼介先生が、"少人数かつ低予算でなるべく高クオリティを目指す"映像実験、その研究成果の一部を実際の映像を交えながら懇切丁寧に解説します。
イケメン所長の軽妙トークに加え、美少女助手ガール出演映像にも要注目!!
美少女と特殊効果!! SF、男のロマン!! 必見!!!!

 cf. トリタイ映像研究所  
【ベビーブーム・マサと松本卓也の映画祭予備校】 8月7日(日)13:00~

 国内外に数多ある映画祭に入選するには、どんな映画を作ればいいのか!?
各映画祭の上映歴等から、根拠も浅く勝手にその傾向と対策を徹底分析。
映画祭浪人必修の夏期講習開講!

講師陣の作品上映を交えた脱線トークに乞うご期待!!   
【無声映画と活動写真弁士~坂本頼光の場合~】 8月7日(日)15:30~

 本邦初公開(!?)作品を引っ提げて、活動写真弁士・坂本頼光が新宿国際映画祭に登場!!
上映作品は以下の通りです。

『血煙高田馬場』
(1928.監督=伊藤大輔/出演=大河内傳次郎、伴淳三郎)

『ジャックと豆の木』
(1902.米/監督=ジョージ・S・フレミング)

『蛸の骨』
(1927.作画=村田安司 アニメーション)

『豹はこうして斑になった』
(詳細不明.米)

『サザザさん4』
(2008.坂本頼光自作アニメーション)

『サザザさん7』
(2013.坂本頼光自作アニメーション)

公式ツイッター

新宿国際映画祭 関連ツイート

歴代チャンピオン


第一回新宿国際映画祭 (2016 Spring)
  グランプリ: BABEL LABEL 


第二回新宿国際映画祭 (2016 Summer)
  グランプリ: シネマ健康会

新宿国際映画祭とは

朝から酒が飲み放題の映画祭!
3日間60時間に渡って開催される映画上映イベント。
映画を中心にさまざまなフィールドで活躍する名だたる映像団体が競い、3日間に渡るトーナメント戦で世界最強の映像団体に与えられる称号『新宿国際映画祭グランプリ受賞』を決します。

新宿国際映画祭実行委員長 加賀賢三  


  第一回新宿国際映画祭の報告を読む

第一回新宿国際映画祭

FIRST EDITION OF THE SHINJUKU INTERNATIONAL FILM FESTIVAL


 11th Thu, 13th Sat, 14th Sun February 2016

受賞作

GRAND PRIX : BABEL LABEL


2016年2月11日(木・祝)、13日(土)、14日(日)の3日間に渡って開催される映画上映イベント。 映画を中心にさまざまなフィールドで活躍する名だたる映像団体が競い、3日間に渡るトーナメント戦で世界最強の映像団体に与えられる称号『2016年新宿国際映画祭グランプリ受賞』を決する。

イベント概要

【日時】2016年2月11日(木・祝)、13日(土)、14日(日)
【時間】10:00?17:00
【会場】GYOEN ROSSO 198 【住所】東京都新宿区新宿1-19-8 サンモール第7ビルB1F
【料金】当日のみ¥2500-
 【ドリンク&フード】飲み放題

タイムスケジュール

1日目:2月11日(木・祝) 開会式、予選Aブロック4作品の上映、特別招待作品の上映
2日目:2月13日(土) 予選Bブロック4作品の上映、特別招待作品の上映、スペシャルゲストを招いてのトークイベント
3日目:2月14日(日) 決勝へ進んだ4団体の予選上映作品とは別の4作品を上映、表彰式、クロージング作品の上映、閉会式

料金

当日のみ¥2500-
【ドリンク&フード】飲み放題(但し、注文の受付は作品上映中等を除く)、フード持ち込み可(但し、においの強いものなど他のお客様のご迷惑になるようなものはご遠慮ください。またゴミ等に関しては各自責任をもって処分いただけますようご協力をお願いします)

参加団体

サメナイ(タイム涼介個人ブログ)

映像技術系雑誌「ビデオサロン」にて技術解説の連載を持ち、自身らの作品も映画化されている人気漫画家タイム涼介と羽生生純から成る映像制作ユニット。

シネマ健康会

コンスタントに作品を制作し、国内外の映画祭やイベント、はてはYoutubeまで、あらゆるフィールドで話題を集め続ける鬼才、松本卓也率いる映像ゲリラ集団。

バベルレーベル

大河ドラマ『真田丸』のOP映像も制作、伊坂幸太郎原作『オー!ファーザー』の藤井道人監督をはじめ、気鋭のメンバーを擁する。

P-kraft

『アワ・ブリーフ・エタニティ』の福島拓哉監督率いる総勢33人の大所帯、最近ではオムニバス映画『SHOUT』を発表し、結成20周年を迎える。

ポーラーサークル

プロデューサー・かげやましゅうの号令の下、個性豊かな監督たちが集まって制作された数々のオムニバス映画を劇場公開、国内外の映画祭などで上映する。

三代川達

話題作『あの娘、早くババアになればいいのに』の脚本・寺嶋夏生所属、映画祭への出品や定期的に上映会を開催するなど精力的に活動する映像制作団体。

はっぽるしゅてぬ〜る

全編生演奏ミュージカルなどの演劇公演と並行して映像作品を制作し続け、その狂気を孕んだユーモアと混沌とした世界観に定評のある。

メディア

  Yahoo!ニュース
  楽天ニュース
  映画ナタリー
  KAI-YOU.net
  シネマトゥデイ

利用規約

この「サイトの使用条件について」のページは、予告なく変更することがあります。

使用条件

この「新宿東京国際映画祭 ウェブサイト」をお客様がご利用する場合、以下の使用条件に同意されたものとみなします。

このサイトの著作権について

このサイトは新宿国際映画祭(以下「SIFF」とする)によって運営されており、このサイト上の文書、映像、写真など、すべての情報の著作権はSIFF、またはそれぞれの著作権者に帰属しています。これらの情報の一部または全部を、SIFFまたは著作権者の許諾を得ずに複製、公衆送信(送信可能化を含む)など に使用することは、SIFFまたは著作権者の著作権及び実演家の肖像権などを侵害する行為であり、使用者は著作権法違反による刑事責任を問われる可能性があります。

情報の利用について

このサイトの情報を記録装置などに記録させたり、プリントアウトして「私的に」利用することは可能ですが、それ以外の目的に使用することはお控えください。この情報を私的利用など一定の範囲以外の目的で、著作権者などの許諾を得ずに複製、公衆送信(送信可能化を含む)などに使用することは著作権法などの法律により、著作権侵害や著作隣接権侵害などの違法行為となります。

その他の免責事項

お客様がこのサイトをご利用することに起因する、お客様のシステムへのコンピューター・ウィルス感染あるいはお客様のシステムの誤動作・エラー・損害など、全ての不具合に関してSIFFは一切責任を負えません。また、このサイト上の素材をご使用することに起因する全ての損害に関して、SIFFは一切責任を負えません。

プライバシーポリシー

新宿国際映画祭(以下,「SIFF」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)におけるプライバシー情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(プライバシー情報)

第2条(プライバシー情報の収集方法)

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

SIFFが個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。

第4条(個人情報の第三者提供)

第5条(個人情報の開示)

第6条(個人情報の訂正および削除)

第7条(個人情報の利用停止等)

SIFFは,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行い,その結果に基づき,個人情報の利用停止等を行い,その旨本人に通知します。ただし,個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じます。

第8条(プライバシーポリシーの変更)

第9条(お問い合わせ窓口)

本ポリシーに関するお問い合わせは,下記の窓口までお願いいたします。

Eメールアドレス:

shinjukuiff@gmail.com

以上

よくあるご質問

Q1. 新宿国際映画祭は、映画関係者だけが参加するイベントなんですか?
A1. 新宿国際映画祭は広く開かれた、映画ファンのためのお祭りです。20歳以上の方ならチケットはどなたでもご購入いただけます。
作品上映以外にも各種イベントが行われますので、是非、会場にお越しいただき、本映画祭にご参加ください。

Q2. 開催地はどこですか
A2. 第二回新宿国際映画祭は、第一回と同様、通常は飲食店として営業している Gyoen ROSSO 198 が会場となります。

Q3. 開催日はいつですか?
A3. 次回、第二回新宿国際映画祭は2016年8月5日(金)から8月7日(日)までの3日間に開催されます。

Q4. 入場料金はいくらですか?
A5. 入場料は各回のプログラム毎が1000円、一日券が1500円、3日間通し券が3000円です。全17プログラム、入替制となっています。

Q6. チケットはどこで買えますか?
A6. チケットは当日、会場入り口でお買い求めいただけます。事前販売はございません。

Q7. 飲食はできますか?
A7. 会場は食べ物、飲み物、アルコール類の持ち込み、及び飲酒、喫煙が可能です。ただし、においの強いものなど他のお客様のご迷惑になるようなものはご遠慮ください。またゴミ等に関しては各自責任をもって処分いただけますようご協力をお願いします。
また、会場でも飲み物、食べ物の販売を行いますが、品切れとなる場合もございますのであらかじめご了承ください。

Q8. 未成年者は入場できないのですか?
A8. 第二回新宿国際映画祭は成人限定イベントとなります。申し訳ありませんが、20歳未満の方の入場は一切お断りさせて頂いておりますのでご了承ください。
全ての方に対し、IDチェックをさせて頂きますので、運転免許証、パスポートなどの身分証をお持ち下さい。
※同伴者につきましても、同様に20歳未満の方はご入場できません。 また、お子様をお預かりすることもできません。

お問い合わせ

ご連絡はこちらへ

shinjukuiff@gmail.com

△TOP